神戸商工会議所、企業交流運動会の第2回を開催へ 好評で来年1月12日に

20180901玉入れ

 神戸商工会議所などで構成する実行委員会は2020年1月12日に、「企業交流運動会 in KOBE」の第2回を開催する。昨年9月に神戸商工会議所の創立140周年記念行事の一環としてノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)で開催したところ、参加企業から高い評価が相次いだことで、第2回の開催を決めた。今回の会場は流通科学大学アスレチック棟体育館(神戸市西区)で、約400人を収容できる観客席がある。参加企業の募集も始めた。(写真は前回の企業交流運動会で玉入れの様子)

 企業内の親ぼくを目的とした社内運動会を見直す動きが広がっているが、商工会議所を中心に都市の主要企業が参加する運動会はきわめて珍しい。企画には同商工会議所がスポーツ産業の振興を目的に発足させた「神戸スポーツ産業懇話会」が参画。健康経営の推進や、企業間の交流促進のきっかけになることなどをねらう。

 種目は「大縄跳び」「ぐるぐる台風の目」「ぞうきんリレー」「玉入れ」など8種目を計画する。前回は神戸に本社や支店などの事業拠点を置く企業33社が参加し、これを5チームに分けて競い合った。今回は観客席があるため、家族や出場しない同僚なども応援できる。終了後の午後4時からは流通科学大の食堂「リューカ・ダイニング」で交流会を開催する。

 商工会議所や商工会などの会員企業を対象に、5〜7人で構成する企業のチームを先着40組募集する。申し込み期限は10月31日。問い合わせ先は神戸商工会議所・神戸スポーツ産業懇話会事務局内の第2回企業交流運動会 in KOBE事務局(メールアドレス sports◎kobe-cci.or.jp =◎は@に読み換える)だ。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告