FDA、神戸空港で航空機の親子見学会 27日に新規就航で記念行事

20191019FDA見学会

 地域航空会社のフジドリームエアラインズ (FDA、静岡市清水区)は19日午後、神戸空港で航空機の親子見学会を開催した。27日から新たに神戸空港と松本、出雲を結ぶ便が新たに就航するのを記念して、岩手県が命名権を取得して金色に塗装した「黄金の国、いわて。」号を公開。フェイスブックなどを通じて応募した19組45人の親子が参加した。

 見学に先立って開いたFDAや航空機に関する説明会では、参加した子供らが「神戸からの航空便は今後も増えるの?」「飛行機の値段は?」など熱心に質問した。機体の見学会は、神戸空港にあるスカイマークの格納庫を借りて開催。小型のジェット機ながら意外に広い機内のほか、主翼のフラップや水平尾翼が動く様子を見て驚いたり、親子で記念撮影したりしていた。

 FDAは27日から神戸~松本便を1日に2往復、神戸〜出雲便を同1往復運航する。12月20日から神戸〜高知便も就航。神戸空港の定期旅客便の発着枠を、1日に30往復から40往復に拡大したことで、同社便としては初の近畿地方への就航が実現した。使用する航空機は今回飛来したエンブラエル175(84席)かエンブラエル170(76席)を、その日の機材繰りに応じて使用。1機あたりの定価は約30億円という。

 この日、名古屋空港から神戸空港までFDA機を操縦した藤田智彦機長は、神戸空港について、海上空港とあって視界のさまたげになりそうな建築物もなく「着陸しやすい印象」という。「神戸の街並みに、海に山と、すべてが離着陸のときに見えるので、乗客には景色も楽しんでもらえそう」と話していた。(写真は竹内駿輔副操縦士が参加者に機体の動きなどを説明する様子)

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告