川重、「宇宙ごみ」除去衛星の基地局を設置 来年度の打ち上げ控え岐阜工場に

20191004川重地上局アンテナ

 川崎重工業は4日、軌道上にあるロケットの残骸など「宇宙ごみ」の除去を目的とした人工衛星を運用するための地上局を、同社の岐阜工場(岐阜県各務原市)に設置したと発表した。川重は宇宙ごみ除去の実証試験のための人工衛星を2020年度に打ち上げる計画だ。25年にも事業参入をめざす。設置した地上局は実証試験の際に衛星とのやりとりに使うほか、今後参入をめざしている衛星データを活用する事業で他社製も含めたさまざまな衛星と通信する拠点になる。

 宇宙空間には現在、過去に打ち上げられたロケットの残骸や、役割を終えた人工衛星、さらにそれらの破片などの宇宙ごみが、直径10センチメートル以上のものだけで約2万個、軌道上を周回しているという。いずれも超高速で軌道上を移動していることから、国際宇宙ステーションや人工衛星と衝突すれば大きな影響が出ると懸念されている。川重は2011年から、日本がこれまで打ち上げたロケットの上段を除去するための技術開発を進めてきた。

 今回設置した地上局は、衛星とデータを送受信するための直径3.7メートルのアンテナ(写真=川重提供)と管制室で構成する。アンテナは6本のジャッキが伸縮する形式で、真上方向も含めた広い範囲の人工衛星を正確に追尾できる。複数の周波数帯の電波で通信できるように設計。さまざまな衛星データの解析結果を他社などに提供したり、川重の既存事業と組み合わせたりすることで、新たなビジネスの創出にもつなげたい考えだ。

 川重は衛星データを地域の課題解決に活用するあり方について、岐阜工場の地元である岐阜県各務原市と共同で検討を開始する計画だ。このほか20年初めから、各務原市内の小学生を対象に、地上局の見学や衛星通信の模擬体験を含む宇宙教育講座を開催するなど、地域との連携も深めるとしている。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告