神戸製鋼、栃木・真岡発電所で営業運転を開始 燃料に天然ガス

20191001コンバインドサイクル

 神戸製鋼所は1日、栃木県真岡市の真岡発電所で営業運転を開始したと発表した。真岡発電所では出力124万8000キロワットの発電施設を建設中だが、このうち半分の電力をになう1号機であらかじめ定めた条件を満たしていることを確認。営業用の発電を開始した。燃料は天然ガスを使用。「ガスタービン・コンバインドサイクル」と呼ばれる発電方式(図=神戸製鋼提供)で国内最高水準の高効率で運転する。

 残り半分の2号機は2020年前半の営業運転開始を目指し、建設を進めている。多くの発電所が建設された臨海部ではなく、津波の被害の心配がない内陸部の立地。このためリスク分散の観点から、内閣官房が国土強靭(じん)化の事例に、経済産業省はエネルギー基盤強靭化の事例にそれぞれ選ん経緯もある。燃料の天然ガスは都市ガスとして東京ガスから供給を受ける。発電した電力も、全量を東京ガスに販売することで2014年に合意していた。

 神戸製鋼は中期経営計画で、電力事業を素材系事業、機械系事業に並ぶ3本柱と位置付ける。同社の電力事業では神戸市灘区の神戸発電所で1・2号機を営業運転しているほか、同3・4号機の建設と、真岡発電所の建設を進めている。神戸と真岡の発電所がすべて完成すると、発電の規模は約400万キロワットになる。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告