有馬山椒が香る焼き菓子「シュトーレンアリマ」 ハイアットリージェンシー東京

20190929シュトレーンアリマ

 東京都新宿区の外資系ホテル「ハイアットリージェンシー東京」は、製菓部門のペストリーショップで、兵庫県で生産した山椒「有馬山椒」を使用した焼き菓子「シュトーレンアリマ」(写真=ハイアットリージェンシー東京の発表資料より)を発売した。ドライフルーツを練りこんだ生地でクリームチーズを包み込んだ。有馬山椒とスイーツの相性の良さを楽しめる。

 かつて有馬といえば温泉地としてだけでなく、山椒の別名としても有名だった。一時は生産者も途絶えかけていたが、ここにきて有馬山椒を復活させる取り組みも広がり、近年では再び収穫が始まっている。一般的に出回っている山椒などに比べ、強い柑橘系の香りが特徴という。

 生地に練りこんだドライフルーツのうちオレンジは、国産のドライみかんを採用。有馬山椒の味わいを生かした。このほかクリームチーズの中にきび砂糖や和三盆などの和の素材を積極的に取り入れ、和菓子のような繊細な味わいに仕上げた。

 シュトーレンアリマは、8月に開催した洋菓子界の登竜門とされる「キリ クリームチーズコンクール2019」の焼き菓子部門で最優秀賞を獲得した。製作した同ホテルのペストリーシェフである向慶一氏も兵庫県の出身だ。午前10時〜午後9時に販売する。価格は1個が税別で600円。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告