神商、食品企業20社で共同出展を支援 見本市「FABEX大阪」に初参加

20190925FABEX大阪出展

 神戸商工会議所は10月16〜18日にインテックス大阪(大阪市住之江区)で開催する食の総合見本市「FABEX関西2019」に地元の食品企業20社共同の展示ブースを出展すると発表した。神商の展示ブースがFABEX関西に出展するのは初めて。神商が大型ブースを出展することで、来場者の目を引くのと同時に1社あたりの出展費用を抑え、中小の地元企業を支援する。(図は展示ブースのイメージ=神戸商工会議所提供)

 神商は、これまでも東京で開催する大規模な見本市などで、県内企業の共同出展を支援してきた。ただ、規模の小さな企業などでは、主力の従業員や経営者が約1週間、神戸を離れることになる東京での展示会には、参加しにくいとの声があった。このため日帰りできる大阪での展示会に共同出展すれば、より販路開拓につなげやすいと判断した。参加社を募集したところ、20社が集まった。共同出展によって場所代だけでなく、ディスプレーの製作費用なども抑えられるメリットもある。

 参加するのは▽淡路八百屋番長(神戸市中央区)▽印南養鶏農業協同組合(加古郡稲美町)▽エドデザインワークス(宍粟市)▽オッザニア(神戸市中央区)▽キャセリンハウス(神戸市中央区)▽グリーンスペース造園(神戸市垂水区)▽コサナ(神戸市中央区)▽嶋本食品(南あわじ市)▽松鶴(神戸市須磨区)▽高島商事(神戸市兵庫区)▽司フーズ・システム(三田市)▽帝神畜産(神戸市西区)▽浪花昆布(神戸市東灘区)▽BASILUR TEA JAPAN(神戸市北区)▽浜田屋本店(洲本市)▽マルミ食品(神戸市東灘区)▽ムッシュ(姫路市)▽メリケンヘッドクォーターズ(神戸市中央区)▽モンテ・ジョイ・フーズ(神戸市長田区)▽六甲味噌製造所(芦屋市)--の20社だ。

 FABEX関西2019のうち「地域食品ブランドフェア」のエリアで出店。FABEX関西2019では、スーパーや百貨店など中食、ホテルや居酒屋など外食、商社、メーカーなどの食品業界関係者などが来場して新製品の開拓や商談などに臨む。約400社が出店する予定で、約4万人の来場を見込む。主催は日本食糧新聞社。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告