有料試飲チケットを全国で前売り販売 10月19日開催「灘の酒と食フェス」

20181020灘の酒と食フェス

 灘五郷酒造組合(神戸市東灘区)と神戸ファッション協会(神戸市中央区)が10月19日に、神戸市中央区の東遊園地で開催する「灘の酒と食フェスティバル in 神戸」では今年初めて、有料試飲のチケットを前売り販売する。前売りは、100円分の試飲チケット5枚つづり2冊に記念グラスが付いて1000円。当日よりも割安になり、全国どこからでも購入できる。

 灘の酒と食フェスティバルは、家族づれも気軽に楽しめる雰囲気で、明るく日本酒や神戸・兵庫の食を楽しめる環境作りをめざして2017年秋に始まった。次世代の灘の酒ファンと、神戸・兵庫の食ファンを増やすのがねらい。今回は灘の酒21銘柄、食品会社16社と、昨年よりも出店が増えた。当日の正午には久元喜造神戸市長も参加して、乾杯セレモニーを予定する。(写真=昨年の様子)

 前売りはチケット販売サイト「チケットぴあ」や全国のチケットぴあ店舗で販売中だ(Pコード=643732)。記念グラスは当日、現地で引き換える。記念グラス付きの試飲チケットは、当日販売だと500円分のチケットが付いて700円になる。前売りにすると、グラス分だけ割安になる計算だ。チケットは日本酒の試飲専用で、食品のブースでは現金決済になる。

 出品を予定する酒蔵は、沢の鶴(西郷)、白鶴、菊正宗、剣菱、福寿、仙介、大黒正宗(以上御影郷)、千代田蔵、松竹梅白壁蔵、浜福鶴、櫻正宗(以上魚崎郷)、日本盛、白鹿、灘一、宝娘、島美人、徳若、白鷹、金鷹、灘自慢(以上西宮郷)、大関(今津郷)。

 出店を予定する食品ブースは、有馬せんべい本舗(炭酸せんべい)、かね徳芦屋工房(カップ珍味)、神戸マシュマロ浪漫(マシュマロ)、KOBE伍魚福(一夜干し焼いか)、誠味屋本店(帆立貝柱)、JA全農兵庫(丹波篠山黒枝豆・淡路島たまねぎドレッシング)、神戸元町辰屋(神戸牛コロッケ)、兵庫津樽屋五兵衛(べっぴん干しエビ)、西宮・甲子園ヒーロー揚げ推進委員会(甲子園ヒーロー揚げ)、神戸食堂はあとす(酒かすまんじゅう)、L’accentラクソン(灘の甘酒カヌレ)、まねき食品(姫路駅名物えきそば)、フロマージュリーミュウ(みそ漬けチーズ)、ミユキデリカ(トンテキ丼)、モロゾフ(熊本利平栗のケーキ)、六甲山観光(神戸ウォーター微硬水)。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告