神戸製鋼、米国でアルミ製の自動車部材を量産 現地会社で開業式典

20190919KPEX開業式典

 神戸製鋼所は19日、米ケンタッキー州に設立したアルミ押し出し・加工品を製造する「コベルコ・アルミニウム・プロダクツ・アンド・エクストルーション(KPEX)」の開業式典を現地時間18日に開催したと発表した。神戸製鋼が2016年4月に設立したKPEX社で、製品の量産体制が整ったのを機に関係者らを招いて式典を開いた。KPEX社では既に生産能力を拡張する計画が決まっており、アルミ製の自動車部材の需要が今後一段と伸びるのに対応する。(写真は式典の様子=神戸製鋼提供)

 北米の自動車市場では、衝突安全性規制や環境規制の強化などを背景に、軽量で高強度である素材の需要が増えている。特にバンパー材や骨格材でアルミ製部材の需要が高まるとみて、神戸製鋼はKPEXを全額出資して設立。18年11月から生産を開始していた。原料のアルミを溶解・鋳造する工程から最終工程の製品加工まで、一貫して同社で生産している。このほど量産体制を整えたことで、改めて開業式典を開催することにしたという。

 従業員数は8月末現在で120人。現在は最大で月間500トンの製品を製造するが、すでに生産能力を月1000トンに倍増する計画だ。溶解炉、押し出しプレス機をそれぞれ1機ずつ追加する。能力を増強した後の量産開始は21年を予定している。18日の式典にはKPEXが立地する州政府の担当局長らに加え、ボーリンググリーン市のウィルカーソン市長、小林弘之・在テネシー日本総領事や取引先など約50人が集まった。

 神戸製鋼は1990年に自動車用の高張力鋼板を製造するプロテック・コーティング(オハイオ州)を設立、2003年に自動車のサスペンション用アルミ製鍛造部品を製造するコベルコ・アルミニウム・オートモーティブ・プロダクツ(ケンタッキー州)を設立するなど、米国で自動車部品の供給体制を整備している。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告