石原ケミカル、めっき薬品のキザイを買収 装飾めっき向けなど取り扱い

 ハンダめっき液大手の石原ケミカルは18日、同じくめっき液を製造・販売するキザイ(東京都中央区)を買収すると発表した。個人の大株主からキザイ株を全株取得する。これまで石原ケミカルが扱っていなかった装飾めっきの分野で評価を得ているキザイの買収で、品ぞろえの拡充などにつながると判断した。取得額は公表していない。

 両社の経験やノウハウを共有することで、それぞれの顧客に対する提案力や、技術サポート力が向上すると見込む。今後はグループとして、両社で表面処理剤の事業拡大をめざす。中長期的には技術交流などの相乗効果も期待できそうだ。キザイの2019年3月期決算は単独売上高が18億円、税引き利益が9100万円だった。

 18日に株式譲渡の契約を結んだ。株式の譲渡は10月中にも実行する予定だ。石原ケミカルは20年3月期に売上高165億円、純利益は11億円をそれぞれ見込む。今回の買収による業績へ影響について、石原ケミカルは現時点で「軽微」とみている。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告