神戸・兵庫のゴルフ、PRに地元出身の女子プロ起用 竹内美雪選手

20190917竹内選手

 神戸・兵庫ゴルフツーリズム協議会(事務局・神戸観光局)は17日、神戸・兵庫地域でのゴルフを通じた観光誘致(ゴルフツーリズム)のPRに向けたイメージキャラクターに、神戸市出身の女子プロゴルファーである竹内美雪選手(23、写真=神戸・兵庫ゴルフツーリズム協議会提供)を起用すると発表した。今後制作するポスターやパンフレットなどへの出演に加え、イベントやプロモーション活動などに竹内選手が参加することで、日本でのゴルフ発祥の地である神戸・兵庫でのゴルフツーリズムへの関心を高める。

 竹内選手は1995年12月生まれ。両親の影響で9歳からゴルフを始め、小学校6年生で神戸から韓国・釜山に移住。韓国代表の選手を多く育てたコーチのノ・テホ氏に師事した。韓国の高校を卒業した後、2014年に初めて受けた日本のプロテストに合格し、当時「逆輸入プロ」とゴルフファンらの関心を集めたという。神戸・兵庫ゴルフツーリズム協議会は「竹内選手の地元に対する思いや、明るく前向きなイメージが協議会の基本姿勢と合致する」として、竹内選手の起用を決めた。

 同協議会は10月に武庫ノ台ゴルフコース(神戸市北区)でのマレーシアゴルフクラブとの交流事業や、12月に大津市のホテルで開催するゴルフツーリズムの商談会、海外の旅行会社ら向けの下見招待旅行(ファムトリップ)などを予定。冬季には神戸市内で、気軽にゴルフに触れ合えるイベントなども計画している。こうした行事に竹内選手の参加も検討するもようだ。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告