神戸南京町で獅子舞が店舗を巡る「採青」 中秋節を祝う行事・16日まで

20190915獅子舞

 神戸市中央区の中華街「南京町」では15日、獅子(しし)が各店舗を訪問し、邪気を追い払って福を招く伝統行事の「採青(ツァイチン)」を開催した。中秋の名月を楽しみ、秋の収穫を祝う中秋節の行事の一環。太鼓や鐘の大きな音で奏でるリズムに合わせて、対象の店舗を獅子が巡回した。

 満月になる旧暦の8月15日が今月13日だったことから、南京町商店街振興組合(神戸市中央区)では13〜16日に中秋節の行事を開催。採青は15〜16日に開催することにした。南京町では3連休とあって、獅子舞の周りには多くの見物客が集まり、にぎわいを見せた。

 このほか南京町広場では、華僑の団体による舞踊や、愛好家らによる太極拳などを披露する催しも開かれた。南京町広場では16日まで、南京町で使える商品券が当たるハズレなしの福引きを1回500円で実施。このほか16日までは各店舗で割引料金や特別メニューを設定して、中秋節を祝う。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告