三菱地所、ロイヤルパーク社で神戸初のホテル着工 21年に開業へ

ロイヤルパーク神戸三宮地図

 三菱地所は12日、傘下のロイヤルパークホテルアンドリゾーツ(東京都千代田区)が神戸市中央区の都心三宮地区で開業するホテル「ザ ロイヤルパーク キャンバス 神戸三宮」を着工したと発表した。ロイヤルパーク系列のホテルが神戸市内で開業するのは初めて。兵庫県内でも初めてになる。新たなホテルは地上12階建ての鉄骨造。客室数は170室を予定する。2021年初めに開業する。(位置図=ロイヤルパークホテルアンドリゾーツ提供)

 日常生活の延長にあるような機能性を重視した「ライフスタイル型」のホテルとして18年4月から展開を始めた「ザ ロイヤルパーク キャンバス」ブランドのホテルとして開発する。客室は機能性を重視してコンパクトな造作にする一方、コミュニケーションの場にもなるラウンジなど共用スペースを充実させる。多様化している国内外の20代、30代の宿泊需要に応える。

 神戸市営地下鉄の三宮駅から徒歩2分、阪急の神戸三宮駅からは5分、JR三ノ宮駅から7分と交通も便利で、ビジネスにも観光にも使いやすい。ホテルは三菱地所が開発して新築。ホテル完成後はロイヤルパーク社が賃借してホテルを運営する。昨年6月には約140室程度のホテルを計画していたが、施設計画を見直して宿泊できる人数を増やした。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告