期間中の3日間に地下鉄など乗り降り自由、新神戸駅などで発売 24日から

20190827KOBESEASIDE3dayPASS.jpg

 神戸市と神戸新交通は24日〜10月10日のうち、任意の3日間を選んで神戸市営地下鉄海岸線などが乗り降り自由になる乗車券「KOBE SEASIDE 3day PASS」(神戸シーサイド3デーパス、写真=神戸市提供)を発売する。販売する場所は、地下鉄の海岸線全駅のほか、西神・山手線の新神戸と三宮、ポートライナーの神戸空港駅。ラグビーワールドカップ(W杯)の観戦を目的に国内外から神戸に訪れた人が、円滑に移動するのを手助けする。

 乗り降り自由になる区間は地下鉄海岸線のほか、西神・山手線の新神戸〜三宮、神戸市営バスの普通区(大人210円の均一区間)、ポートライナー全線、観光向け路線バス「シティー・ループ」の全線。3日間は連続していなくてもよい。誰でも購入することができるため、神戸市内の住民も競技場やファンゾーンに出向く日だけ利用する、といった使い方が可能だ。

 価格は2000円。販売は24日〜10月8日まで。10月11日以降は、それまでに利用した日数が2日以内でも使用できなくなる。訪日客でもわかりやすいよう、券面はアルファベットで表記した。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告