神戸観光局、旅行中の訪日客に神戸訪問よびかけ 「ジャパンレールパス」に着目

20190821東京駅のイメージ

 神戸観光局は9月20日に始まるラグビーワールドカップ(W杯)に向けて、新幹線の主要駅や、空港から主要駅に向かう列車の中などで、神戸観光のPRを強化する。旅行中の訪日客に対して神戸訪問を呼びかけるという、初めての取り組みだ。長く日本に滞在する旅行者は鉄道での移動が多いことが知られている。ラグビー観戦を目的に、滞在日数を長く取る欧米豪からの訪日客が増える時期に照準を合わせ、駅や車内から神戸への観光誘致をめざす。

 9月1日〜11月30日に、成田国際空港や東京国際空港と東京都心を結ぶ「成田エクスプレス」「京成スカイライナー」「東京モノレール」の車内でポスターを掲示したり、情報画面に神戸の広告を配信したりする。日本到着後、まだ日本での予定が完全に固まっていない訪日客に神戸をPRする。同期間には、関西国際空港と大阪・京都を結ぶ特急「はるか」にも広告を掲示するが、欧米豪の路線が多い東京を重視した。

 旅行を始めた訪日客には新幹線の東京、新横浜、京都、新大阪の駅構内にあるデジタルサイネージ(電子看板)で迎え撃つ。広告の内容も訪日客に響きやすい「神戸ビーフ」「(有馬)温泉」「(灘の)酒」に絞って、9月23日〜11月30日に展開する。さらに関西国際空港と京都タワービル(京都市下京区)の外国人向け観光案内所「関西ツーリストインフォーメーションセンター」では、訪日客に神戸のパンフレットを直接手渡すよう協力も得られた。(写真は東京駅のイメージ=神戸観光局提供)

 日本に長く滞在する訪日客が鉄道を使うのは、JRグループ6社が外国人観光客向けに販売する「ジャパンレールパス」が便利だからだ。ジャパンレールパスは有効期間内なら、新幹線(のぞみ・みずほ以外)を含むほぼすべてのJRグループの鉄道に乗車できる。普通車用なら大人14日間で4万6400円程度で、うまく使えば割安だ。東京から新幹線で約3時間、京都から在来線でも約50分と鉄道での利便性の高さもアピールして、神戸を再訪する訪日客も増やしたい考えだ。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告