FDAの神戸便、日航と共同運行 日航のネット予約からも購入可に

 フジドリームエアラインズ(FDA)と日本航空(JAL)は21日、10月27日からFDAが新たに運航する神戸〜松本、神戸〜出雲の両便で共同運行(コードシェア)を実施すると発表した。日航のネット予約システムからもFDAの神戸便を予約、購入できるようになる。利用者の利便性向上や、地域活性化などにつなげるのがねらい。

 FDAはすでに、名古屋(小牧)発着便や静岡発着便、福岡発着便などの多くで日航と共同運行を実施。FDAにとっては販売経路の拡大になる一方、日航にとっても自社機の就航地以外でも国内便を販売できるとあって乗客の利便性向上につながっている。神戸便の共同運行も、こうした動きの一環だ。日航によると、運賃はFDAの設定と同額にするという。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告