東証、Chatworkのマザーズ上場を承認 「谷上プロジェクト」を展開

20190815山本Chatwork社長

 東京証券取引所は15日、企業向けチャットソフトの「Chatwork」を開発・提供するChatwork(チャットワーク、証券コード4448)のマザーズ上場を承認した。9月24日付で上場する。上場にあたって60万株の公募増資と、790万株の大株主による株式売り出しを実施。さらに最大127万5000株を上限とするオーバーアロットメントによる追加売り出しを実施する。主幹事は大和証券が務める。

 本店所在地は神戸市北区谷上。実質的な本社は大阪市北区に置くが、谷上ではIT起業家の集積をめざす「谷上プロジェクト」を展開する。同プロジェクトの中核施設として、北神急行電鉄・神戸電鉄の谷上駅ビル内に、神戸市北区で唯一のコワーキングスペース(共有オフィス)である「.me(ドットミー)」を2018年5月に開設。起業家らの交流拠点としても活用している。(写真は.meの開設時にあいさつする山本正樹社長=当時専務)

 仮条件は9月3日に決定。9月5〜11日にブックビルディングを実施し、9月12日に公募・売り出し(公開)価格を決定する。申し込み期間は9月13〜19日。払込日は9月20日を予定する。有価証券届出書によると想定仮条件は1440〜1770円。この中値(1605円)で計算すると、市場からの資金吸収額は最大156億8800万円の大型上場だ。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告