15日のJR神戸線、下り最終は尼崎発12時53分の西明石ゆき普通 JR西日本

 JR西日本は14日夜、台風のため計画運休を予定している15日のJR神戸線について、最後に運転する電車の時刻を発表した。下りの最終電車は尼崎発が午後0時53分発の須磨行き普通列車になる。一方、上りの最終電車は須磨発が午前11時42分の高槻行き普通になる。このほか快速や新快速の最終は以下のとおり。

◎15日のJR神戸線・最後に運転する電車
▽下り(姫路方面)
・普通  大阪 11時53分発 須磨行き
・快速  大阪 12時07分発 網干行き
・新快速 大阪 12時00分発 姫路行き
・普通  尼崎 12時53分発 西明石行き
▽上り(大阪・尼崎方面)
・普通  姫路 11時02分発 野洲行き(明石〜高槻間快速)
・新快速 姫路 11時27分発 近江塩津行き
・普通  西明石11時16分発 四条畷行き
・普通  須磨 11時42分発 高槻行き

 始発から一部の列車は運休するなど、最終列車よりも前でも運転本数は減る見通しだ。和田岬線は兵庫発が午前9時10分、和田岬発が午前9時25分をそれぞれ最終にする。大阪以東であるJR京都線や、JR東西線は運転本数を減らすが、現時点で運休の計画はない。

 阪急電鉄、阪神電鉄、山陽電鉄、神戸電鉄の各線は15日午前0時半の時点で運休の計画はなく、15日は始発から平常通り運転する予定としている。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告