JR神戸線など、15日正午ごろから運転見合わせへ 加古川線など午後3時から

 JR西日本は15日のJR神戸線(大阪〜姫路)について、正午ごろから運転見合わせる計画を決めたと14日午後4時35分に発表した。台風10号の影響で、大雨や強風が見込まれるため。赤穂線(相生〜播州赤穂)、山陽線(姫路〜上郡)も同様に、15日正午ごろから運転を見合わせる。

 加古川線(加古川〜谷川)、姫新線(姫路〜上月)は15日午後3時ごろから、JR宝塚線の宝塚〜新三田は午後4時ごろから、それぞれ運転を見合わせる予定だ。

 現時点で運転を計画している区間でも、台風の進路によっては運転を見合わせたり、取りやめたりする可能性もある。JR西日本は14日午後9時半ごろに、再び15日の運転情報を更新する予定としている。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告