アサヒHD株が4日ぶり反落 4〜6月期の純利益14%減、下値拾う動きも

20180823神戸株アイコン

 26日の東京株式市場ではアサヒホールディングス(5857)が4日ぶりに反落した。終値は前日比24円(1.06%)安の2230円だった。前日大引け後に2019年4〜6月期の連結決算(国際会計基準)を発表。純利益が前年同期比14%減の20億円と減益だったのを嫌気した売りが先行した。

 ただ、取引開始直後に2145円まで下落した後は、徐々に下げ渋る展開になった。アサヒHDは減益になった理由として、北米の金の精錬事業で取引拡大に伴い、前渡し取引のための資金調達費用が膨らんだためとしている。利益の圧迫は一時的で、事業そのものは順調との見方から下値を拾う動きに繋がった。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告