アジュバン株が6日続落、年初来安値 4〜6月期の最終赤字を嫌気

20180823神戸株アイコン

 22日の東京株式市場ではアジュバンコスメジャパン(4929)が6日続落した。終値は前週末比18円(2.00%)安の883円だった。売り気配で始まった後、841円で寄り付いた。6月4日に付けた年初来安値を更新した。前週末19日大引け後に発表した2019年4〜6月期の連結決算では、1億4000万円の最終赤字を計上。20年3月期の会社予想よりも収益が悪化するのではないかとの見方から売りが先行したもよう。

 ただ、この日の同社株は寄り付きの841円が安値になり、その後は急速に下げ渋る展開だった。同社は今期に投資費用が先行し、4月時点で4〜9月は700万円の最終赤字になる見通しを示していた。4〜6月期の最終赤字も一定程度は織り込み済みとの見方もあり、下値を拾う動きが活発化したもよう。同社が足元で人材投資が順調であると示したことなども、中長期的な成長期待をつないだ面があったようだ。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告