神戸市とmobby ride「電動キックボード」の体験会 8月9日にメリケンパーク

20190710電動キックボード

 「電動キックボード」(写真=mobby ride提供)のシェアリング(共有)サービスをめざすmobby ride(モビーライド、東京都港区)と神戸市は、8月9日にメリケンパーク(神戸市中央区)で電動キックボードの体験会を開催すると発表した。欧米などで交通手段の共有サービスとして導入が進んでいる電動キックボードに多くの人が触れることで、電動キックボードの認知度を高めるとともに、安全確認などのノウハウの蓄積につなげる。

 日本の法律で電動キックボードは「原動機付き自転車」に当たり、方向指示器や灯火類の搭載が義務付けられているうえ、原付免許が必要。そのままでは公道を走ることはできない。ただ欧米で導入が増えていることもあり、国内でも渋滞に巻き込まれないことや、市街地の回遊性向上に寄与するなどと関心が高まりつつある。福岡市では公道での共有サービスの実証実験をめざして、国家戦略特区を活用して電動キックボードを電動アシスト自転車と同等とみなすよう国に提案した。

 神戸市でも市街地の回遊性向上は課題の1つとあって、実証実験に向けた検討を始める。スタートアップ(起業まもない)企業の持ち込み企画を元に、スタートアップ企業の支援をしながら行政課題の解決などに起用する「Urban Innovation KOBE +P」(アーバンイノベーション神戸プラスピー)の一環として実施する。

 体験会は8月9日午前10時から午後4時まで。無料で参加できるが、16歳以上で身長120〜200センチメートル、体重25〜100キログラムなどが乗車の条件だ。キックボードに乗るうえで安定が保てる服装も必要で、ヒールやサンダルなどは不可。雨天の場合は10日に順延する。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告