JR西日本・阪急・阪神、いずれも初乗り10円値上げ 10月から消費税転嫁で

(神戸市営地下鉄を追加しました。2日午後4時5分)

 JR西日本と阪急阪神ホールディングス傘下の電鉄各社は2日、10月からの値上げを国土交通省に申請したと発表した。JR西日本、阪急電鉄、阪神電気鉄道はいずれも初乗り料金を10円引き上げる。JR西日本の3キロメートルまでの初乗りは130円に、阪急と阪神は4キロまでの初乗りがそれぞれ160円、150円になる。10月1日に消費税率が10%に引き上げられるのを、運賃に転嫁する。

 値上げは消費税率が8%に引き上げられた2014年4月1日以来、5年半ぶりになる。各社とも国土交通省が示した、消費税率引き上げに伴う「旅客運賃等の変更に関する処理方針」に従った改定を実施する。処理方針では、原則として鉄道収入が108分の110以内になる運賃改定を求めている。

 三ノ宮・神戸三宮〜大阪・梅田の普通運賃はJR西日本が410円を据え置き、阪急・阪神も320円の据え置きになる。ただし同区間でも定期券など券種によっては値上げになる。

 このほか山陽電気鉄道も10月1日からの値上げ申請を発表。2キロまでの初乗りは10円上がり160円になる。西代〜姫路は現行の810円が、10月から830円になる。神戸電鉄も値上げを申請し、2キロまでの初乗りを180円と10円引き上げる。湊川〜有馬温泉の普通運賃は400円と、現行に比べて10円の値上げになる。

 神戸市営地下鉄は10月1日からの運賃改定で、3キロ超〜7キロ(2区)の普通運賃を240円と、現行の230円から値上げする。3キロまでの初乗りは210円を据え置く。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告