トーカロ、指名・報酬諮問員会を設置 委員長に社外取締役の山崎氏

20190626トーカロ本社

 表面処理加工のトーカロは26日、取締役が任意に設置する諮問機関として「指名・報酬諮問委員会」を設置すると発表した。取締役の指名や報酬のほか、関連する制度などを取締役会の求めに応じて助言する。取締役の人事や報酬について透明性を高め、コーポレートガバナンス (企業統治)強化するのがねらい。

 委員長は、弁護士で社外取締役の山崎優氏が務める。山崎氏を含む社外取締役4人と、三船法行社長、管理本部長である樽見哲男常務の6人で委員会を構成。過半数を社外取締役で占めるように人数を配置した。委員会の事務局は経営企画室長の後藤浩志取締役が務める。(写真は神戸市中央区のトーカロ本社=資料)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告