参院選は7月21日の「見通し」 ポスター掲示場、神戸市内でも設置作業

20190624ポスター掲示場

 神戸市選挙管理委員会は24日午前、今夏の参院選で兵庫県選挙区の立候補者が使用するポスター掲示場の設置作業を始めた。第1号の掲示場は東灘区役所前に取り付けた(写真)。7月2日までに神戸市内の2575カ所に設置する。掲示場には投票日を「7月21日」と表示した。

 閣議決定した正式な選挙日程は現時点で決まっていないが、神戸市選管によると、ポスター掲示が可能になる公示日までに時間的な余裕がないため、情勢で判断したという。仮に投票日が7月21日でなかった場合は、シールを貼るなどで日付を修正する計画だ。

 東京発の報道によると、政府与党は26日までの今回国会の会期を延長せず、衆参同日選も実施しない方針を固めたという。これが順調にいけば参院選は7月4日公示、7月21日投開票になる見通しだ。ただ会期末には内閣不信任案を巡り波乱を警戒する声もあり、なお予断を許さない。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告