神戸市、プレミアム商品券の販売店・参加店を募集開始 特設HP開設

 神戸市は17日、消費税率の引き上げによる影響をやわらげることを目的とした、低所得者や子育て世帯向けに販売する予定の「神戸市プレミアム付商品券」の販売店と、同商品券が使える参加店の募集を開始した。プレミアム付商品券の特設ホームページも同日開設。商品券に関する情報提供のほか、販売店や参加店への応募フォームも設置した。

 プレミアム付商品券は消費税率の引き上げに合わせて10月に発売を予定。現時点では神戸市内の約36万8000人が購入できると見られている。1冊につき500円券が10枚と、5000円分利用できる商品券を4000円で購入できる。対象者は5冊まで購入でき、最大で2万5000円分の商品券を2万円で買える計算だ。利用期間は10月1日〜2020年3月31日を予定する。

 住民税が非課税の住民(生活保護の受給者など除く)と、16年4月2日〜19年9月30日生まれの子供がいる世帯主が購入できる。商品券の発行額は最大92億円になる見通しだ。販売店の募集は7月5日までで、参加店の募集は7月31日まで。今回のプレミアム付商品券では、参加店から負担金は徴収しない。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告