神戸発「Chesty」プロデュースの部屋で華やかに宿泊 神戸ポートピアホテル

20190616ChestyRoom.jpg

 神戸ポートピアホテル(神戸市中央区)は7月8日〜9月30日に、神戸発のファッションブランド「Chesty」(チェスティ)がプロデュースした客室に宿泊できるプランを販売する。期間中はChestyの世界観にあった演出の専用客室「Chesty Room」を2室を設ける。さらに同プランでの宿泊客には、旧居留地(神戸市中央区)にある同ブランドのショップで洋服をレンタルできる特典も付く。ショップスタッフがコーディネートしたおしゃれな洋服に身を包み、神戸の街歩きを楽しめる。

 専用の客室は南館のジュニアスイートルーム(ツイン)、同サウスリゾートルーム(ツイン、写真=神戸ポートピアホテル提供)。Chestyの華やかでエレガントな世界観に合った家具などを配置するほか、Chestyブランドのクッションや花びん、食器などを使用する。客室ではホテル内で作ったパンやケーキなどを販売する「アラメゾン」の焼き菓子2個と紅茶のティーバッグを提供。ゆったりとした、お茶の時間も楽しめる。洋服のレンタルはチェックアウト翌日まで。洋服やプールサイドワンピースなどレンタルの洋服を追加できるオプションもある。

 神戸の魅力を発信したいという共通の目的の具体化をめざすなかで、Chestyの運営会社であるJOC(神戸市中央区)から提案した。ポートピアホテルにとっては、夏のナイトプールや、いちごブッフェの開催など、若い女性の顧客層を獲得する施策の一環として位置付けられることもあり、実現につながった。洋服以外の雑貨も展開するChestyの製品を使うことで、客室をプロデュースしやすかったこともあるようだ。

 予約はホテルのホームページで受け付け、オンライン決済が必要だ。料金は宿泊日によって変動するが、2人1室利用で朝食付き、税・サービス料込みで1人あたりジュニアスイートで2万98円〜、サウスリゾートで1万5522円〜。期間中もChestyのショップ休業日である毎週火曜日は除外。ただ8月13日は営業するため予約を受け付ける。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告