神戸市議、須磨区で大井敏弘氏が繰り上げ当選 崎元氏が死去で

 神戸市選挙管理委員会は11日、4月7日に投開票した神戸市議選で須磨区選挙区の次点だった大井敏弘氏が、繰り上げ補充で当選したと発表した。当選者のうち元市議で立憲民主党の崎元祐治氏が7日に死去したため。大井氏の任期は2023年4月まで。

 大井氏は5期目を務めることになる。国民民主党の公認で、市議会では旧民主党系の会派である「こうべ市民連合」に所属する。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告