ラグビーW杯、100日前で元日本代表も登場 15日にハーバーランドでイベント

20190101ラグビーノエスタ

 神戸でも4試合を開催するラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会まで12日で100日前を迎えるのを機に、神戸市などが「100日前イベント」を15日に開催する。ハーバーランド・スペースシアター(神戸市中央区)では、初心者向けのルール解説や、元日本代表選手の伊藤剛臣さんのトーク、ラグビーグッズが当たるビンゴ大会などステージイベントを実施。デュオドーム(同)ではファンゾーンとして現役ラグビー選手とのボールパス体験会などを開催する。

 スペースシアターのステージは午前11時に開幕。兵庫県内のラグビースクールの大合唱が響く。流通科学大学(神戸市西区)の女子ラグビー部がもとになったチーム「神戸ファストジャイロ」によるステージパフォーマンスも予定するなど、地元のプレーヤーも出演。正午からは神戸発のアイドルグループ「KOBerrieS♪」(コウベリーズ)がミニライブで盛り上げる。

 デュオドームでは、高さ3.6メートルのミニチュアラグビーゴールポストが登場。神戸ファストジャイロの選手らとのボールパス体験や、自らトライする様子をSNS向けの写真にできるラグビーフォトブースも設置する。神戸市やW杯関連サイト、SNSなどで発信する応援メッセージビデオの収録し、大会への機運も高める。

 神戸での4試合はいずれもノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)で開催する。ハーバーランドは地下鉄絵画陰線でスタジアムから3駅とあって、ハーバーランドや神戸駅の周辺はスタジアムから最も近い繁華街になる。(写真はノエビアスタジアム神戸で開催したラグビー日本代表戦=資料)

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告