神戸空港、18年度の売上高は27億円程度 航空系、商業系とも増収

20190604神戸小型機

 関西エアポートが4日に発表した2019年3月期(18年度)決算によると、神戸空港を運営する関西エアポート神戸の営業収益(売上高に相当)は27億円程度だった。関西エアポートのEBITDA(利払い・税引き・償却前利益)でみて、関西エアポート神戸の収入は27億円の増益要因になったという。関西エアポート神戸の決算は別途発表するが、この数字がおおよそ神戸空港の営業収益にあたる。関西エアポートの坂本龍平・専務執行役員(最高財務責任者)が説明した。(写真は小型機が駐機中の神戸空港)

 神戸空港では着陸料などの航空系収入、売店などの商業系収入が、ともに伸びた。旅客便の発着回数は運用制限の上限に達しているが、制限のない小型機などの発着が増え、年間の発着回数は前の期に比べ7%増の約3万回に膨らんだ。一方、旅客便も空席が減少し、神戸空港の旅客数は年間で約319万人と過去最高を更新。旅客数の増加で売店の利用者数なども伸びた。

 一方、関西エアポート神戸の費用は、関西エアのEBITDAで17億円の減益要因になったという。差し引きで神戸空港は、関西エアポートの現金収支に約10億円寄与した計算だ。神戸空港の現金収支としても10億円の黒字に相当する。最終的な利益の算出には、これに減価償却費がかかるほか、神戸空港でも昨年夏の台風で被害があったため受取保険金を営業外収入といった形で計上する必要などがあるという。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告