大丸神戸店、5月の売上高0.1%増 化粧品の改装効果など下支え

 J・フロントリテイリングが3日発表した傘下百貨店の5月の売上高動向では、大丸神戸店(神戸市中央区)が前年同月比で0.1%増だった。4月26日から売り場を拡張した化粧品が好調だったのに加え、高級ブランド品や美術・宝飾といった高額の商品が伸びた。半面、婦人服は前年比微減、紳士服・雑貨も前年比減と苦戦した。10連休の後半にかかり休日数は前年同月に比べて2日多かったが、大きな影響は出なかったもよう。

 大丸神戸店では、昨年3月から周辺店舗のテナントを順次賃貸借契約に変更し、売上高を不動産事業に移管している。不動産事業への移管分を含めると、大丸神戸店の5月の売上高は前年同月比1.5%減になった。3〜5月の累計で実質の売上高推移は前年同期比2.1%減になった。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

広告

広告

広告