井戸兵庫知事、県庁建て替え「計画の10年は長すぎる」 基本構想の案提示

20180731兵庫県庁舎

 兵庫県の井戸敏三知事は20日の定例記者会見で、老朽化した兵庫県庁(写真=資料)の建て替えに関する基本構想の案を、同日開いた有識者による検討委に示したことについて「いまの計画でも10年かかるが、10年は長すぎるというのが率直な気持ち」との見方を示した。そのうえで「今年度中にも基本計画をまとめて、できるだけ早く事業に移りたい」との意向を述べた。

 井戸氏は「1年間準備してきたこともあり、スピード的にはもっと早くてもよかったのかもしれない」と話した。ただ、この時期の提示について「統一地方選の後の方が落ち着いた議論になるということで、当初は3月といっていたのが5月中ごろ(の案の提示)になったということだろう」と説明した。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告