川重、22年3月期の営業利益1000億円超を目標 営業利益率は6%超に・新中計

 川崎重工業は20日、2022年3月期を最終年度とする新しい中期経営計画を発表した。最終年度には営業利益1000億円、営業利益率6%をそれぞれ上回る目標を掲げた。19年3月期の実績は営業利益が640億円、4.0%だった。収益性の改善に積極的に取り組む。

 これまで大型プロジェクトで損失が相次いだのが業績の重荷になっていた。このためリスク管理や品質管理体制を強化に取り組む。さらに販売した製品のアフターサービスの増加や、過去の投資から収益を実現することで、利益水準と収益性の向上をねらう。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告