ノーリツの1〜3月期、純利益76%減 温水空調分野の販売台数減

20190514ノーリツ決算

 ノーリツが14日に発表した2019年1〜3月期の連結決算は、純利益が前年同期比76%減の3億2500万円だった。国内では温水空調分野の販売台数が減少したことなどで減収。海外では最も構成比の高い中国で市場が停滞した影響が出た。

 売上高は5%減の508億円、営業利益は66%減の7億1100万円になった。販売地域別の売上高は国内が6%減の384億円、海外が2%減の148億円だった。国内の住設システムでは、システムキッチンの生産について業務提携先のトクラスへの移管の準備を進めているという。

 19年12月期の連結業績予想は据え置いた。純利益は44%減の38億円になる見通しだ。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告