キムラタンの前期、最終赤字6億5400万円 販売苦戦で収益悪化

20190512キムラタン決算

 ベビー・子供服のキムラタンが10日に発表した2019年3月期の連結決算は、最終損益が6億5400万円の赤字(前の期は4億6900万円の赤字)だった。台風など荒天も影響し、主力の子供服で販売が苦戦した。新生児向け製品のリニューアルに向けた棚卸資産の評価損1500万円と、アパレル事業の店舗設備で減損損失1300万円を特別損失に計上したのも響いた。

 売上高は7%減の40億円、営業損益は6億2200万円の赤字(前の期は3億8700万円の赤字)になった。アパレル事業全体で売上高は約8%減少した。一方で在庫消化のため値引き販売が増え、アパレルの採算は悪化。加えて保育園事業とウエアラブルIoT事業の経費が純増になり、販管費は約3%膨らんだ。保育園事業では定員を確保した。

 20年3月期の連結業績予想は、最終損益が500万円の黒字になる見通し。8月には新生児向けの日本製ブランド「愛情設計」の全面リニューアルを予定する。前期に買収したベビー用品の中西が通期で寄与することもあり、売上高は41%増の57億円、営業損益は3000万円の黒字を見込む。無配を継続する予定だ。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告