久元神戸市長、3空港懇談会「国際化検討に向け合意できた納得の結果」

20190511久元神戸市長

 神戸市の久元喜造市長(写真)は11日午後、大阪市内で開いた関西3空港懇談会後に神戸経済ニュースの取材に対し、「これまで関係者の間で全然合意ができていなかった国際化について今回、検討していこうということで合意ができたということ」と述べ、今回の会合の意義を強調した。神戸空港の国際線就航に向け「非常に大きな足がかりを得た」と話していた。

 神戸空港への就航を検討する国際便には定期便も含まれる。久元氏は「現実的に(国際定期便が就航)できるかは別の話だが、射程に入れて動けるようになったことの意味は大きい」との認識を示した。今回の会合では神戸空港の発着枠と運用時間の拡大で合意したことも含め、「納得のいく結果だった」と評価した。

 国際化に向けての課題は「いろいろある」と指摘。現在は空港へのアクセス強化が議論の的になっているが、神戸空港の安全面を強化する観点で「そうなる可能性はきわめて低いと思われるが、たとえば海の業界のみなさんと協定を結んで、連絡橋が使えなくなったときに船で脱出するといったことも考えなくてはいけないだろう」といった幅広い検討が必要であるとの見方も語った。


関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告