神戸空港の運用時間延長と便数増で合意 関西3空港懇談会が終了

(記事本文を追加しました。こちらもご覧ください)

 大阪市内で11日午後に開催した、関西国際空港、大阪国際(伊丹)空港、神戸空港の役割分担などを地元自治体や財界で話し合う「関西3空港懇談会」では、神戸空港の発着回数を1日80回、運用時間を1時間延長することで合意した。座長を務めた関西経済連合会の松本正義会長が午後6時から記者会見し、会議の結果を説明する。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告