松本関経連会長、今後も年1回程度を開催の意向 関西3空港懇談会始まる

20190511関西3空港懇談

 関西国際空港、大阪国際(伊丹)空港、神戸空港の役割分担などを地元自治体や財界で話し合う「関西3空港懇談会」が11日午後、大阪市内で始まった。事務局を務める関西経済連合会の松本正義会長は冒頭であいさつし、「関西の航空需要の拡大と、関西の活性化を見すえた議論を願いたい」と今回の会合に向けて意欲を述べた。さらに今後も「環境変化を踏まえたあり方を検討していくために、本懇談会は年1回程度、適宜開催したい」との意向を表明した。

 松本氏は「関西エアポートの経営判断を尊重する」「関西の基幹空港は関空であり、まず関空を第一に考えるということ」という2点ではすでに一致している点を強調。そのうえで安心安全や地域との共存共栄などをふまえ、関係者らとの調整を進めてきたと話した。

 懇談会は午後4時に始まり、午後6時までの予定。松本氏のあいさつのみ報道機関に公開した。懇談会終了後の午後6時半から、松本氏が記者会見する。今回の内容などを明らかにする見通しだ。(写真は懇談会を開催する直前の様子、中ほどに松本氏)

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告