ヒラキの伊原会長が社長執行役員も兼務 向畑社長が退任の意向で

 ヒラキは11日、代表権を持つ伊原英二会長(69)が社長執行役員も兼務する人事を決めたと発表した。同じく代表権を持つ社長執行役員の向畑達也取締役(67)は6月27日に開く定時株主総会を機に退任する。向畑氏が退任の意向を示したためという。

 ヒラキは向畑氏が辞任する理由を「一身上の都合」としている。向畑氏の辞任によって代表権を持つのは伊原氏1人になる。伊原氏は会長だが、これまで同社で社長の経験はない。

 伊原英二(いはら・えいじ) 1974年4月に兵庫相互銀行(現みなと銀行)入行。2005年3月にヒラキ入社、同6月に常勤監査役。18年6月から会長を務める。岡山県出身。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告