ビオフェル社長に北谷取締役 和気社長は代表権ない副会長に

 ビオフェルミン製薬は9日、北谷脩取締役(60)が社長に就く人事を発表した。北谷氏は現在、監査等委員を務める取締役で、親会社である大正製薬ホールディングスの執行役員も兼務する。和気秀行社長(76)は代表権のない副会長になる。大正薬HDの取締役で、代表権を持たない上原健会長(41)は続投する。6月26日に開催する株主総会と、その後の取締役会で正式に決める。

 北谷脩(きたたに・おさむ) 1958年生まれ。1983年、富山化学工業(現富士フイルム富山化学)に入社。2003年10月、大正富山医薬品プロダクトマネジメント第2部長。11年10月、大正製薬医薬事業企画部長。15年4月、大正製薬ホールディングス執行役員。18年6月にビオフェルミン製薬の監査等委員である取締役。石川県出身。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告