神戸鋼の前期、純利益43%減 製造設備の減損などで特損220億円

20190509神戸鋼決算

 神戸製鋼所が9日発表した2019年3月期の連結決算は、純利益が前の期に比べ43%減の359億円だった。鉄鋼での生産トラブルやアルミ・銅の原材料高と圧延品の需要減などが利益を圧迫した。さらにチタン鍛造品の製造設備や、産業機械事業のスウェーデン子会社でのれん代を減損処理。豪雨災害や地震による棚卸資産の毀損なども含め、特別損失を合計220億円計上したのも重荷になった。

 神鋼不動産の株式を75%売却したことで投資有価証券売却益314億円を計上したほか、神鋼鋼線工業を子会社化したのに伴う利益もあり、特別利益は363億円を計上。この範囲内に特別損失は収まった形だが、同社全体の最終利益は補いきれなかった。

 売上高は5%増の1兆9718億円、営業利益は46%減の482億円だった。原材料価格の上昇を受けて、鋼材や溶接材料、アルミ・銅製品の販売価格を引き上げたのが増収要因。原価が上昇していることから、増収が利益につながらなかった。

20190509神戸鋼セグメント

 2020年3月期の連結業績予想は現時点では開示しなかった。15日午後3時半に東京都内で山口貢社長が記者会見し、見直しを進めている21年3月期を最終年度とした中期経営計画を発表する。これと同時に、今期の業績予想も発表する予定だ。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告