井戸兵庫知事、関西3空港懇「注文付けたとこ全部は直ってない」 まとめ文書

20190507井戸兵庫知事

 兵庫県の井戸敏三知事(写真=兵庫県が配信した動画より)は7日に開いた定例記者会見で、月内にも開かれるとみられる次回の関西3空港懇談会でまとめる文書について「われわれが注文を付けたところが全部は直っていないので、(3空港懇の)当日また調整しなくては」と話し、事務局である関経連などとやりとりが進んでいることを明らかにした。注文を付けたのは神戸空港の発着枠などについてか記者が質問すると、「そういうところよりかは、将来の検討をどう進めるかというところ」と説明した。

 井戸氏は成田国際空港での新滑走路の建設や羽田空港周辺の飛行経路の変更で、東京では発着可能回数が数年内に増加する見込みであることに言及。「そういう状況を見て、関西はどうするんだという基本方向を明確にしておかないといけないのではないか、というのが私の強い主張」と話した。

 大阪国際(伊丹)空港への国際チャーター便就航については、「将来的な検討課題だというのが書き込まれるはず」との見通しを明らかにした。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告