ラグビー神戸製鋼「スティーラーズ」がパレード先頭に 第49回神戸まつり

20190506神戸まつりバナー

  第49回神戸まつりが17〜19日に神戸市内の各地で開催される。フラワーロード(神戸市中央区)で19日正午から始まるメーンの「おまつりパレード」では婦人団体協議会の総踊りに続き、パレード参加団体としての先頭を神戸製鋼所のラグビー部「コベルコスティーラーズ」が飾る。前川鐘平、アンドリュー・エリス両キャプテンはじめ、選手やスタッフら約70人と車両1台が参加する予定だ。

 コベルコスティーラーズは昨年、他のラグビーチームと共同で「ラグビー@神戸」として神戸まつりのパレードに初参加。同チーム単独では今回が初参加になる。18〜19年シーズンはトップリーグで18年ぶりに優勝、日本選手権では18年ぶりに優勝した。神戸まつりへの参加で地元からの大きな声援を受け、「V2」をめざす。同チームに続いて「ラグビーワールドカップ2019神戸開催」の180人がパレード。ラグビー2連発で、今秋に控えるラグビーW杯の神戸開催4試合を盛り上げる。

20190506神戸まつり行事

 おまつりパレードには81団体、6700人が参加を予定し、このうち7団体が初参加だ。コベルコスティーラーズのほか「関西日本ラトビア協会」「兵庫県歯科医師会」「三田エイサー喜心伝」「ジャザサイズ」「ELVIS WEEK推進委員会」「兵庫県立神戸商業高等学校」が初めてパレードする。最も参加人数の多い団体は「神戸サンバチーム」など5団体で、いずれも200人での参加を予定する。

 このほか19日には、JR三ノ宮駅の南側に設置する特設ステージ「おまつり広場ステージ」や、旧居留地・京町筋の「サンバストリート」なども例年通り実施する。18日は各区ごとに、ステージイベントや模擬店などの「各区のまつり」(表)を開催する。17日には神戸ポートオアシス(神戸市中央区)で、みなと繁栄安全祈願祭など「港の行事」を予定している。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告