078実行委員長「ここ3年で1番の手応え」 KIITO来場者は昨年超す・閉会式

20190429藤井委員長

 27日から神戸市中央区の6会場で開催したクロスメディアイベント「078」が、29日夜に閉幕した。閉会式であいさつした藤井信忠実行委委員長(神戸大学准教授、写真)は、「まず3年続けると実行委の間でかねて話してきたが、ここ3年間で今回が1番の手応えを感じた」と述べ、ひとまず今回の成功に胸をなでおろした。「産官学ががっちり手を組んで作り上げてきたこのイベントが、少しずつだが神戸市内外に認知されてきたようだ」と語った。

 最終日は夕方にかけて雨が降り、来場者の減少を心配したが、28〜29日にインタラクティブ分野の展示と討論会などを中心に展開し、閉会式の会場にもなったデザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO、旧神戸市立生糸検査所)では、「速報値では28日に4000人、29日に3500人の来場者があった」(藤井氏)という。2日間で合計7500人と、昨年の5000人を大幅に上回った。

 27日の午前中にKIITOが利用できなかったこともあり、討論会の数などを昨年よりも減らしたが「きのう、きょうのにぎわいは実行委としても肌で感じており、これからもっと面白くしていこうという気持ちにつながった」と話していた。藤井氏はスポンサーや関係者への謝辞を述べた後、閉会の宣言に代えて「また来年お会いできれば」と述べて降壇した。

 運営事務局によると、078全体の入場者数の集計は現時点で5月7日以降になる見通しとしているが、早まる可能性もあるようだ。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告