神戸アンパンマンミュージアム、開館時間を早めて対応 連休中もSLマン運転

20190429SLマン

 神戸市中央区のハーバーランドにある「神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール」では最大10連休になる大型連休中、開館時間を早めて来館者の増加に対応している。通常は午前10時に開館するが、ミュージアムは28日〜5月1日は午前9時半に、5月2〜5日は午前9時に開館と、時間を早めて来館者を受け入れる。グッズなどを扱うショッピングモールは5月2〜5日に午前9時半オープンとする。

 神戸アンパンマンこどもミュージアム&モールは今年1月10日に、開設した2013年4月から約5年9カ月で入館者数が400万人に到達。子供を中心に人気の施設だ。5月5日がこどもの日ということもあり大型連休は例年、来館者が大幅に増える。加えて「今年は連休が前半、後半に分かれないこともあり来館者数は一段と増えそう」(広報担当者)と見込む。

 同施設では、アンパンマンに登場する蒸気機関車をモチーフにした人気キャラクター「SLマン」をかたどった、ロードトレイン(写真=神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール提供)を今春から運転している。客車には大人も乗車でき、アンパンマンの世界を親子で楽しめる。6月2日までの期間限定とあって、これまでに来館したことがある親子づれでもSLマンを目当てに、改めて来館するケースもありそうだ。

 閉館時間は連休中もミュージアムが午後6時、ショッピングモールは午後7時と通常通り。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告