ノエビアHDの10〜3月期、純利益22%増 高価格帯の新製品好調で

20190425ノエビアHD

(営業利益を40億円から60億円に訂正しました)

 ノエビアホールディングスが25日に発表した2018年10月〜19年3月期の連結決算は、純利益が前年同期比22%増の28億円だった。上期としては過去最高を更新した。基礎化粧品を中心として、対面販売するカウンセリング化粧品の高級品シリーズが引き続き好調だった。セルフ化粧品も順調に推移した。

 売上高は4%増の294億円、営業利益は4%増の60億円だった。カウンセリング化粧品では、昨年12月5日に発売した美容液「エンリッチ77」の滑り出しが順調で、化粧品事業の増収増益に寄与した。医薬・食品事業も減収ながら販管費を抑え、部門別でみて増益を確保した。
 
 2019年9月期の連結業績予想は据え置いた。純利益は前期比2%増の80億円を見込む。前期据え置きの180円を期末に配当する計画も維持した。

関連記事

広告

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告