理研や神戸アイセンターなど、他人のiPS移植の安全性確認 「実用化7合目」

 神戸市立神戸アイセンター病院や理化学研究所などは18日、他人のiPS細胞から再生した網膜の細胞を目の難病患者に移植する臨床研究の経過について、東京都で開催した日本眼科学会総会で発表した。5人に移植して1年間の経過は良好で、安全性を確認したという。理研の高橋政代プロジェクトリーダーは記者団の取材に対し、現在の段階について「実用化に向け7合目」と評価した。

 他人のiPS細胞から再生した網膜の細胞を移植したのは、「加齢黄斑変性」という失明を招くこともある難病の患者5人。このうち1人に軽い拒絶反応が起きたが、局所的な薬剤投与で抑え込んだ。全員について免疫抑制剤の投与が必要といった大がかりな拒絶反応はなく、網膜の細胞も定着。「当初の想定通り安全性が確認できた」(高橋氏)と判断した。

 もっとも現時点では顕著に視力が回復したわけでもないという。今後は、どういった場面で効果が得られるのかなど、臨床研究の場で探る方針だ。同時に、大日本住友製薬などが治療法としての国の承認をめざす臨床試験(治験)の準備を進める。

 網膜の細胞の移植や、その後の経過観察など一連の臨床研究は、神戸市立医療センター中央市民病院、神戸アイセンター病院、大阪大学医学部付属病院、京都大学iPS細胞研究所と理研が連携して実施。総括責任医師は神戸アイセンター病院の栗本康夫院長が務める。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告