神戸製鋼、インドのタイヤ・ゴム機械製造を完全子会社化 7億円で

20190418神戸鋼ゴム混練機

 神戸製鋼所は18日、ゴムタイヤなどの製造に使う「ゴム混練機(写真=神戸製鋼提供)」「ゴム2軸押出機」をインドで製造・販売する「L&Tコベルコマシーナリー」(LTKM、タミル・ナドゥ州カーンチプラム)を完全子会社化したと発表した。LTKM社は、現地エンジニアリング大手のラーセン・アンド・トゥブロ(L&T、ムンバイ)との合弁で2010年に設立。神戸製鋼は49%を出資していたが、17日付でL&Tから51%を買い取った。取得額は4億3500万インドルピー(約7億円)。

 L&Tの設立時は、インド国内での販路開拓やブランド浸透などを目的に、現地の有力企業と共同で事業を立ち上げた。ただ、新興国での自動車需要の拡大を追い風に、このところタイヤ・ゴム機械の市場は年5%以上の成長が続く。営業力の強化や生産面でのコスト競争力強化が急務とあって、迅速な意思決定や、機動的な事業運営を目的に、LTKMの完全子会社を決めた。LTKMの18年3月期の売上高は約13億円だった。LTKM株の取得は神戸製鋼とシンガポール現法が共同で実施した。

 完全子会社化に伴い、LTKMは会社名を5月から「コベルコ・インダストリアル・マシーナリー・インディア」(KIMI)に変更する。今後はインド国内の需要獲得に加え、周辺地域である東南アジアや欧州への拡販を強化。すでに神戸製鋼グループで世界シェア40%を握るゴム混練機などで、さらなるシェア拡大をめざす。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告