兵機海運、神戸市兵庫区の倉庫を一部2階建てに 投資額18億円に積み増し

 兵機海運は12日、神戸市兵庫区に建設を予定している倉庫3棟のうち、1棟を2階建てにすると発表した。投資総額は18億円になる。同社は当初、3棟すべて平屋での建設を計画したが、昨年9月の台風によって高潮被害が発生。防災機能の強化を目的に、今年2月に計画を見直すことを示していた。

 当初は19年2月としていた完成時期も20年1月下旬と約1年、遅らせた。新たな計画の延べ床面積は9226平方メートル。当初の計画(4770平方メートル)に比べて約9割増える。投資額も当初予定した約9億円から積み増した。19年3月期の業績への影響は軽微としている。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告