ワールド、政投銀などと革製品のヒロフ株を取得 バッグや婦人靴の製造販売

 ワールドは22日、日本政策投資銀行などと共同で設立したファンドを通じて、革製品を製造販売するヒロフ(東京都渋谷区)の株式を取得したと発表した。ヒロフは「HIROFU」ブランドでバッグや婦人靴などを製造、国内の百貨店などで販売する。株式の取得額は明らかにしていない。(写真はヒロフの製品イメージ=ワールドの発表資料より)

 ヒロフは1978年に設立。「シンプル」「ミニマル」「コンテンポラリー」を掲げ、流行に左右されない独自の製品デザインをめざす。社長はワールドから派遣した佐々木佳子氏が就く。今後は店舗や物流などワールドがグループで保有するノウハウやプラットフォーム(共通基盤)も活用し、事業展開を加速する。

 同社株を取得したのは「W&Dデザイン投資事業有限責任組合」(通称・W&Dデザインファンド)。ワールドと政投銀が折半出資して2017年6月に設立した。存続期間は10年。ワールド傘下のW&Dインベストメントデザイン(東京都港区)が運用する。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

サイト内検索

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告