FC2ブログ

日本イーライリリーの治験情報サイト、ほぼすべての治験を掲載へ 開設から1年

20190313イーライリリー治験HP

 米製薬大手イーライ・リリーの日本法人である日本イーライリリー(神戸市中央区)は、同社が昨年2月28日に開設した臨床試験(治験)の情報サイト「リリートライアルガイド」に掲載する情報を拡充する。開設から1年が経過した3月から糖尿病領域の臨床試験を追加。今後はほぼすべての治験を順次掲載する計画だと発表した。治験の意義や手順などと合わせてわかりやすく掲載することで、患者に情報が届きやすくするのがねらい。(図は情報サイトの画面イメージ=日本イーライリリー提供)

 新薬開発のためには治験が必要だが、患者自信が治験について知る機会は限られ、多くの場合は主治医の紹介以外に情報の経路がないという。だが治験は患者にとって、新たな医薬品に触れる機会になる可能性もある。このため治験の意義や、被験者が心得たほうがよいことなども合わせて紹介するサイトを昨年開設した。1年間でサイトへのアクセス数は約2万5000件に到達するなど、徐々に注目度が上がっているという。

 今後は、がん、自己免疫疾患の領域なども含めて掲載する情報を増やす予定。疾患や居住地、年齢、性別などで実施前や実施中の治験を検索できるようにする。引き続き積極的に情報を提供することで、治験に対する理解の浸透や普及を進めたい考えだ。新たな医薬品の開発は社会的な要請でもあり、理解の浸透は中長期的にみて協力者の増加、開発環境の整備にもつながる公算だ。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告